滋賀遠征2日目

2日目なんですが、今日は決勝トーナメント。
初日を出てませんので最終日になります。
昨晩ミーティングをしましたが
技術の向上よりも、はるかに
チームのつながりを欲する内容でした。
本当の意味のです。

仮に昨日勝ってたとしても
同じ振り返りになってるんでしょう。
大きな声で打つ、大きな声で応援する。
みんなが一人を見守る。
県外でインハイを目指すチームの本気度と
自分たちを照らし合わせると
ものすごく差を感じたのでしょう。
むろん、技術的な振り返りもしたわけですが
今日を戦うために何か飛び抜けて鍛えなければならない
というわけではありません。
すべきことを1ゲーム目から出すことです。

本日の初戦は
鵬学園
2ゲームは先行されるもののラリーを制してましたし
前衛の横の動きもあってたので
逆転はするなって思ってました。
ゲーム自体を長引かせ、少しずつ修正することで
ファイナルで勝ちきります。
3番手に左利き二年生と市立尼崎の助っ人さん
すけっとさんに何とか決めてもらうために
昨日同様、球の勢いコースともに良かったです。
躍動感が出てきました。
昨日もラリーが多い今日も攻撃的でした。
一つ階段のぼったかもしれません。

その後の練習試合ではダブル後衛にしましたが
高砂、久御山、阿波の
3戦とも勝利し
比治山のときとは、桁違いに展開が良くなってきました。

この子たちは、今持っている力をいつどの場面で
出すのか、はたまた出せないのか
心と戦っています。
昨日よりも出したいときに出せた本数が多かった分
良い結果として出てきたのでしょう。

明日は大会ではありませんが
姫路高校にお邪魔します。
今からミーティングして、どんな発見やどんな課題が
あってそれをどのようにしていくのかを
話してくれると思うので
楽しみにしてます。

この記事へのコメント