目指す姿が

僕たちは、真剣に部活をしています。
身体を動かすことが楽しい、競技を今持てる力で
楽しい
のレベルを1日1日高めようとしています。
そこには学びがあり
差は生まれてきます。しけし、その練習を
するためには安心安全で
1人1人が認められる存在として
練習参加できなくてはなりません。

それを上級生になればなるほど
感じて欲しいし、大人はなおそれ以上
感じて欲しいです。

今日は体育館で練習をしましたが
あまりにも隣の部活が酷すぎて、そして
うるさくて
そうとうイラつきました。
体育館がかわいそうに感じました。
もし、それが部活と言えるのなら
教員として
地域に差し上げます。
自分の時間を削って、あの部活は
したくありません。

というか、そんな部活がうちの学校は
多いと思ってましたが
隣で練習すると一目瞭然。

真剣に取り組むということを教えるのは
大人の役目であり
子どもの言い分を聞き、したいことを
させるのは決して
主体性とは言わない!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

赤鬼
2019年11月16日 23:58
部活と一括りにしないでくれと言いたくなりますね。面接練習してて、絶対お前らだけには頑張ったって言ってほしくない人たちがそれなりにおります。逆にウチの人たちには本気でしないとわからないことを自分の言葉で伝えなさいと言ってます。
imako
2019年11月17日 06:13
同じ学校、同じ大学、同じ業種、
名前はなくて、そこで何をさるか、
何をするかですね。
本気でやってた人は3年生で目が
違いますよね。
そんな子の成長にすこしでも関われる
のならば大人として嬉しいことです