評価

自分が何をしてどうなったかは、プレーした後の
結果を見れば何がおきているのか分かります。
それを自分で評価と分析すること
そして、第三者からの言葉をもらうことで
次に目指す方向が見えてきます。
身体を動かしてテニスらしきスポーツを楽しむ
ならば必要のない過程ですが
部活動はあくまで学びの一環。
キャーキャー楽しむ場を提供するわけには
いきません。
また学びを止めないために
僕は、学びを止めません。

以前、どうでもいい質問を先生から
されました。
『以前の学校と練習が違いますよね』って
その質問の問いかけに
答えなくちゃいけないのかしら?
むしろ逆に同じ練習する意味は?って
聞きたくなります。

行動の結果を分析し、より求めたいプレーに
近づくために知識が増えれば
おのずとやることは変わります。
そして、その考え方を
子どもたちに持ってもらえることが
部活動の醍醐味だと思います。

この1週間、難しいタイミング取りの練習を
しています。
スポーツでは、基礎ができても
この部分ができるかできないかで
大きく展開も変わります。

見た目に分かるストロークとは違うし
感覚というあいまいな言葉で濁さず、
うまくなるために
全員で協力してほしいとろです。

夏を乗り越えるってのは
暑さではなく
考え方です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント