なにを求めて

この問題を解こう。
アプローチは人それぞれ。
どう解決するか
数打てば当たる作戦で、正解を
導くこともありますが
生産性は悪いですよね。
問題が多ければ多いほど
一つの解を求めるのに、そうとうの
無駄遣いをしてしまいます。

だからと言って、指示されたことを
やってるだけでは正解には
近づきますが自分で考える面白さは
ありません。
さらに、その指示自体をしておけば
次の指示が来るまで待っていれば良いので
受け身の心になるでしょう。

チームの目的は?
チームの目標は?

決して誰かが考えれば
よいことではありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント