テーマ:試合結果

補う力

朝一番の組み合わせは米子松蔭。 力を感じ、残り1ヶ月でどう戦うかを確認したい。 そしてうちらはついに1年生を交え オーダーを組み替えられる 3ペアになりました。 相手の球は速く、テニスの形にならないかも しれませんが南のチームの船出として はとっても大切な存在です。 今日1日で学べるもの、感じるものが あったらぜひ掴ん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

力はまだあるぞ

今日は例年より1週間も早い総体地区予選でした。 分かっていることですから意識は早めにモードに切り替えます。 ただ、新入生が入ってくるのは4月の第2週くらい。 うちのチームに入ってくる1年生はほとんど打てない生徒です。 その生徒達がうちの部活をおもしろい、楽しいって思ってくれるためには 上級生の指導や言葉掛けが大切になります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイジャパ予選

ほんとに試合できるかどうか当日の朝まで不安でした。 生徒達もそうだったでしょう。 その不安を3週間程度心に置きながらの練習で 満足する練習ができなかったのが さらに和をかけてしまいます。 勝ち負けは別として、こうやって大会に出場でき試合ができるって 喜びは普段あたりまえに部活をやっている間はわかりません。 コートがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何に基づいて

団体戦初戦 ミスに怯える1年生 ミスがミスを呼びとことん 硬い動き 試合にならず 敗退 助っ人2名が頑張って楽しく試合を してくれましたが残念ながら 敗退 最後昨日負けた1年生が思い切って 試合をやってくれて勝利します。 南に来て初の初戦敗退です。 練習するから不安を感じ得るなら 練習に原因があるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちから

今日は女子の個人戦 先週の球が入ればおもしろい試合に なるなーって描いてました。 2ペアですがどちらも16に入りたいとこです。 シードをもらってるので2つの勝利が 求められます。 2年と1年ペアは 初戦は特に問題ないものの 次の八頭校戦では、1年生が恐る恐るの プレーでミスにつながります。 0-2とゲームを奪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さいかい

団体は最下位! 2ペアで出場し、西の一番手に内容で勝つも 試合は負け。 東の3番手に勝つもチームは負け! 1年左利きペアも上位陣に奮闘。 最下位であっても 成長の姿はあります。 一ヶ月後、最下位からの インドア出場が見えています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経験値をあげる

新人戦地区予選が始まりました。 2ペアしかいない女子と、1ペアしかいない男子 6人中、毎日練習ができた生徒は1年女子ひとり。 体調が戻らない、ケガで練習ができない そんななか今日が来ました。 それでも見応えがある場面が何度もあり 今の南では十分な結果だと思います。 技術が伸びても 心と体が付いてこなければ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みのたけ

県選抜インドアが本日開催されました。 新人戦の4本が総当たりを行います。 2位だったとはいえ、先日対戦してみて、うちに分があるわけ ではなく苦しくなるのかなって予想しました。 いろいろな諸事情で練習がしっかりとできたわけでもなく 少しだけでも良い部分が出たら良し。 ローズに行きたければ、粘らないとだし、心も強くなきゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県新人戦団体の部

雨の降る中、運営もどうなるかと不安を感じましたが一日を終了することができました。朝から準備に積極的に関わる生徒に、この半年間の成長を見ることができました。生徒達はさらに朝から練習していたことをちゃんと知ってますよ。たら~ってする場面はなく、試合前、後、準備を整える姿も戦う集団になってました。当然、技術とは別問題です。2回戦米子南③-0八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第53回鳥取県ソフトテニス新人戦西部地区予選(個人)

総体のときは、自分のチームであって自分のチームでない感覚もありましたが1年生も交え5か月間 南でやってきたことを出せるにはもってこいの日です。ただ、そうはいっても昔の自分のペースではないですが・・・・3年生が1人だったため、チーム状況はそう変わらないはずなんですがペアはがらっと変えて 今後を見据えながらチームを組みました。そして団体戦で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団体初優勝!

9年の南生活で一歩ずついろんなことを埋めていき 足りないものを技術と心で埋めていき 勝とうと思っても最後はいつも壁に蹴散らされてきました。 それでも、頑張ろうとする生徒たちが年々増えていき 南でテニスをやりたいという子も増えていき ベスト8に入るのをとても苦労したのに それを乗り越える生徒が来てくれます。 ベスト4に入るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4戦 県個人インドア

中国大会を終えてから、少し落ち着いたテニスをっっっっ これはただ控えめなテニスってことじゃなくて 攻撃オンリーではなくて、1本の大切さをしかっり感じ 粘り強く、そして二人で1点が奪える そして相手にミスを してもらうことも考えるってことです。 4月から11月くらいまでは、自分たちの攻撃をいかに どんなときでもやっていくぞって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3戦 中国新人二日目

そうじゃない、今まででない姿・試合を 見ることができました。 決勝トーナメントの徳山商工戦は 9時スタート、終わったのは12時前! 1ー2の敗退でした。 攻撃的に行きたい、うちのチーム 守備的に粘る相手。 長いラリーで陣形を崩し 決め球をミスることで 紗英・美憂が1ー3で苦しい状態。 しかし、ここから我慢我慢が続きま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第2戦 中国新人 初日

生徒の動きも、昨日の練習で良い部分が出てきていました。 とうぜん取り組まなくちゃいけない課題もありますが 他校の練習を見ていて、試合にならない状態ではなく いつもの力が出れば勝ち残るチャンスはありです。 開会式を終えて 初戦の 府中(広島)との対戦は 4試合目。2時過ぎから団体戦が始まります。 練習会場のクレーコートでち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

54戦目 県新人 個人戦

欲する大会で、ほっするプレーができなかった。 それは俺も生徒も理由がわかるしなっとくできるもので ないからこそ苦しみがあります。 でも、なんでそうなるかを毎日乗り越えてこそ 本当の球となって 次に迎えます。 それが部活ですし 南のテニスだと思っています。 南はこの時期はいつも試練。 生徒も試練。 そして俺も試練。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

53戦目 県新人戦 団体

男子は1回戦 鳥取湖陵に0-③で敗退。遠くから見ていても 大きな声で叫んでいく姿。かこの先輩に劣りません。 でも、まだ勝てる力はないのかなぁ。 1年生4人、2年生2人 が今後、今日の敗退をどう捉えるかが 大きな分かれ道です。 女子は全部14チームしかいません。 第2シードのうちは 初戦から準々決勝という なんともやりづらい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

46戦 地区団体

5チームプラス連合の6チーム総当たり。ホントチーム数が 少なくなっています。でもテニスを練習している各校ですから その中で勝っていくことが使命です。 個人戦の結果を見てみても、今の練習を見てみても 不安だらけでした。 ある程度できることが自信となってプレーできれば 少しは気持ちもゆとりがありますが ホントに今は体調不良やら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

45戦 新人戦地区個人

すべては経験。それを生かすか、ふてるかは 自分が決めること。でもそこに支えはあるし 協力はする。それが南のテニスです。 低血圧で倒れてしまう二人。俺も生徒も初棄権 チームの責任を感じえる重みに苦しむ キャブテン。 経験不足だけど向かう気持ちを出そうとする 2年生 最近1年生ひとりで踏ん張らなければ いけない子 ペ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

43戦 夏休みラスト

今年の西島も決勝トーナメントにあがれず。6人の夏の最後は 俺の思う部分が俺の中でクローズアップされたので これが生徒達がホントに欲していけば おもしろくなるのになぁって感じます。 技術がついたといえども、まだ盤石の形で勝てる6人ではない って思ってはいますが 弱い部分がゲームを左右するくらい もろいチームであることが理解でき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

40戦 県中高女子研修大会

第4回目になったこの大会。今回は西部地区の高校が4校 中学校が11校で合計は30チーム。各校申込みありがとうございました。 8面しか取っていなかったので今後は 高校のコートも使用してたくさん試合ができることを 考えていかないといけないですよね。 途中にゲリラ豪雨あり、雷雨ありだで中断もしましたが 夕方5時までみなさんの協力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

31戦目 ボレーいっぱい

今日は国体最終予選に加藤・奥村、福田・杠が出場です。 5チームリーグ、6チームリーグにそれぞれが入り 結果として3年ペアが3位、1年ペアが4位でした。 それぞれ 1勝ずつなんですが・・・・ 思うような試合ができなかったのが1年生で 少し総体までの良さが少しずつ減ってきたかなぁって感じでした。 決して技量が下回ってるわけじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30戦目 県総体 個人戦

部活の中で足りない部分を毎日のように怒られ それでも頑張って心技体を成長しようとした3年生の今のチームが 昨日怒濤のチーム力をみせて1回戦からすごく 人の心を感動させる試合をしました。 観客の方も、いろんな先生も 新人戦で見た南とは違う ほんとに過去の先輩達以上にすごい戦い方で 心を魅了したんじゃないかと思います。 確かに…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

29戦目 県総体 団体

さっき決勝戦『米子松蔭』戦が終わりました。 河本・賀本がすごい試合をしました。 奪われたゲームはジュースが続き 奪ったゲームは 連続展開ポイント! 長い長いとっても長い 第一対戦は1ー④で敗退でした。 三輪・加藤もおもしろい試合をしてくれました。 でもでも1-④で敗退です。 でもでもこんな試合、こんなチー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

23戦 地区予選団体

昨日は女子6ペアがすべて県に出場するという嬉しいことも ありましたが、やっぱり練習の力が出し切れないのが ホントに悔しかったです。そしてその力を出すための 日々をどうしても振り返ってしまいます。 悔しすぎて 取り戻せない毎日を 何をしてきたんだって すごく考えました。生徒達は どんなことを 考えているんだろう・・・・ 怒ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

22戦 地区予選 個人

信じているものが力を出し そうじゃないものが いつもと同じ・・・ 信じていますが 信用していません。 今の練習通りで とくに 見応えもない地区予選。 嬉しかったのは 3年生のへたっぴぐんだん もっともっと強くなれ そしてチームをのっとてください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21戦 5分の2

国体一次予選が鳥取でありました。男子3ペア女子6ペア出場です。 地区まで日数が少なくなってきて どれだけ心と技術が自分で コントロールできるかが確認できます。 男子はまだ練習している最終場面にいきつくまでの失点が 多いようで思うような試合ができていないみたいです。 2年生は 自分たちのイメージじゃない展開をされると どう立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20戦目 怒ってはいるけど

今日は山陰選手権。ここ数年、ここで勝ち上がることにそんなに 意味を持っていなくて 冬から春にやったことでどれだけのものが 試合に出るかと、相手が何をやっているかの確認作業って 俺が位置づけています。ただ、やっぱりここで確認作業が良い方向に 行っている生徒は過去 素敵な結果を導いてくれています。 2回戦で負けてもインハイに行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

51戦 県選抜インドア 1mmの成長

米子南に来て初の中国高校選抜に出場します! 過去の歴史の中米子南がこの大会で2位になったのは 初です。  内容は どろくさく  こんなに練習試合で 練習でいっぱい表現できる子達が こんなにどろくさく 自分を殺してまでも 試合を耐えてくれました。 また次に向かって試合ができることを 感謝したいと思います。 夏から練習し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

49戦目 県新人戦

思いが揺さぶられるのが公式戦であって 思いが揺さぶられる試合で何かを求めようとしても 結果として普段と違うので思った通りに ならない姿を確認できました。 こうなることを描いて練習ができた子が少なく こうなることで意気消沈するメンバーを 支える力は当日だけ持ち合わせる ことも俺にはありませんし、できませんでした。 男子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地区予選団体男子

男子はここ数年の男子をやっぱ引き継ぎます。なんでそんなに 心の雄叫び、気持ちをいれれるんだろう。夏、俺が帰ってきたとき ダメだししました。でもそっからの意気込みはすごかったです。 そして今日もコートで声が響き渡ります。 あれ、これミツバチ男の声だぞ・・・・ 女子の試合をしててもわかります。 しかし2ペアで戦うため一つでも負け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more