ふたたび

昨年に引き続き今日から2日間、兵庫県の32以上の
強化練習会に参加させていただきました!
去年は県で上位を取ったペアがやっと試合で
勝ちを拾えるかってとこで
あとは二日間ともボコボコにやっつけられました。
これを契機に中国新人大会に向け
良い兆しが出てきたものです。
とはいえ、技術力の無さはいかんともしがたいものが
あったなと感じますが…

さて、今年はいわゆるジュニアあがりはいない3人が
参加します。
朝の雰囲気で、いつもの彼女らの状態ではないと
わかりますが
足りないことを感じているようです。

でも、試合はそこできまるわけではありません。

今、試合で何がどうなっているのかを
判断し次に何をすれば良いかの取り組みをして
るので相手のすごいところは純粋に失点と捉え
自分たちのポイントは、有効なのかより攻めなければ
いけないのかを考えてプレーしていました。

すると、キャプテンペアは最初の試合こそ
敗退しますがそこから負けません。
琴丘とペアを組んだ生徒も新たな展開を必死で
繰り返し2勝をあげます。

決してパワープレーやスピードプレーで勝った
わけではなく、やってきた練習を随所に見せ
相手の攻撃はひたむきに守備し
攻めるべきときは攻めた結果です。

昨年の子達に足りなかったものを
3人が表現してくれました。
こんなに嬉しいことはありません。

あしたは、奪われた有効ポイントを
自分たちの武器にして
新たなポイント源にするために
頑張ろうと思います。

変わる生徒がかっこよく見えます!

この記事へのコメント