目盛り

良い球を打出るようになるだけでは
相手からは点を取れません。
相手は良い球を打たさないように仕向けてきます。
それでは、僕たちもどこに打つのか
じわじわラリーをしながら
探していかなくてはなりません。
それを後衛は目の前の3人を見ながら考え
前衛は前2人と後ろ1人のことを考え
プレーします。
この感覚を今日は学べたのではないかと
思います。
4人が狭いコートで躍動感ある動きを行い
声を出して連携しあう。
それがいつか
大きなコートでできることを楽しみにしてます。

さて、練習メニューのゴールを
数直線で表すと、
小刻みな目盛りがあるはずです。
その目盛りは人それぞれ違うんです。
メニューには観点があり達成したいものですが
一人一人身体の動きは違うわけですから
自分の中ではどこが大切なんだろう
というもう一つの課題も持たないといけません。

きょうはそんなことも学べた気がします。

まだまだ人と戦うというレベルには達しませんが
部活動をしているなって
感覚にはなっていますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント